FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
79) 武勇伝
2007-06-09 Sat 09:14
title=
78) こっち・あっち からの続きです








生きてる中に武勇伝が生まれるのではない

生きてることこそが武勇伝だ






生きるとは闘うこと

生きるとは死なないこと

生きるとは辛いこと

生きるとは泣けること

生きるとは楽しいこと

生きるとは悔しいこと

生きるとは情けないこと

生きるとは淋しいこと

生きるとは怒ること

生きるとは惨めなこと

生きるとは妬むこと

生きるとは恨むこと

生きるとは頑張らないこと

生きるとは諦めること

生きるとは病めること

生きるとは誇れること

生きるとは

生きるとは

生きるとは

生きるとは

生きること







↓ポチっとが栄養になってます↓m(__)m


FC2ブログランキング










「この間は 焼肉ご馳走さまでした」
「おう」

ベンツの運転席から顔を出す厳つい押尾の笑顔に
この間の遊玄亭の礼を言った

押尾の車に乗り込み 行き場所も聞かされないまま車は走り出した

押尾の運転する車に二人きりなのは何だか照れ臭い

客とは違うわけだし 同士というわけでもない
どう接していいのやら・・・






「店のほうはええ感じになってきとるらしいな
今日も1人新人が入店してきたんか!?」
「既に仕事もこなしてます 未経験者ですが人気は出そうですね」

「いくつの子や?」
「19歳です」

「その子も男が好きか?」
「そうですね ノンケをスカウトするのは難しいですし」

「一也はいつから 男が好きになった?」


















いつからなんだっけか・・・

生まれた時から?

いや それはないな

生前説を俺は信じていない

俺自身がそれを体現してると思えないからだ



間違いなく生後だ

正確に何歳ですとは言うことは出来ないが

男と女が区別され始め それを認識できて

そして興味の針が男を指した時

それがいつだったろうか

遠い昔の記憶は ボンヤリ過ぎてカタチを成してはいない








「中学生ん時ですかね」
「13、4か!」

押尾の右手が俺の肩に乗った





















ずっと気になっていた事がある

伝言ダイヤルにメッセージを吹き込み
フリーで出張の仕事をしてた俺は
この押尾に赤坂のホテルに呼ばれたわけだが
メッセージを吹き込んでる番号はゲイ専用の番号だ
ノンケなら聞くこともない伝言ダイヤルの番号

誠二さんや押尾が叔父貴と呼んでる親分らしき男
不動明王が最初はホモだと思っていた
が 真珠装飾の施された竿はオンナを悦ばせる為だと言っていた

誠二さんは事務所(ギャルソン)にオンナを連れ込み
SEX後に使用したであろうティッシュを散乱させていたし
オンナと一緒に居るところへ電話をかけたこともある

押尾がホモなのだろうか?

左肩に乗せられた押尾の手が少し別の意味を持ってるのかと気が気でない

この風体でホモって・・・

疑わしき箇所は
指輪やブレスレットやネックレスなどのジュエリーを
身につけていることくらいで

他はどこを叩いても 同性愛者らしき匂いはしないが・・・











まさか !?


俺っ



今日



喰われる!?



































車をパーキングに止め 着いた場所は赤坂の鮨屋

カウンターに座り 押尾は中の板長に話しかける

「板長 このあいだはチラシありがとう」
「娘さんは喜んでくれましたか?」

「あぁそりゃもう!綺麗だから食べるのが勿体無いとかってね」
「はははっそうですか 娘さんはいくつになったんですか
小学校3年生くらいでしたよね?」

「上の子は中学生になったばっかり 下の子が2年生」
「じゃあ 可愛い盛りですね」

「可愛いは可愛いけど 最近は生意気んなってね
オモチャ買ってくれないとパパとは一緒に寝てあげないとか
抜かしだしてね(笑)」
「はははっ うちの子も似たようなもんですよ
小学校4年生にあがった時にはもう風呂には一緒に入ってくれなくなってね
何だか 寂しいもんですよ 男親なんてのは」

「本当だねぇ」


この会話を聞いて 俺の心にあった心配の種は小さくなった

押尾の別の一面を見せてもらった
娘の誕生日に ここのちらし寿司を持って帰ってやるとは

押尾も人の子 人の親








「一也は酒はイケる口か?」
「弱いです」

「美味い酒あるから一杯だけ付き合え」
「はい」

久保田を注がれ 乾杯をした
兄弟盃でこそないにせよ この乾杯は忘れられない










「誠二から色々と話は聞いとる ありがとうな一也」
「いえ」

「全部で何人になった?」
「ケンジと自分を入れて6人です」

「6人かぁ 一週間経ってないのに大したもんやのぉ
全員一也がスカウトしてきたんよのぉ」
「全員でもないです」

「ケンジいうんは誠二の補佐役か?」
「そうです」

「ほんま 大したもんや
働き手を探すいうんは玉(お金)がいるもんや
それを玉ぁ使わんと5人も入店させてなぁ
上げる(売上げ)ばっかりで 一也は金生むなぁ」









以前 誠二さんにも同じように言われた事を思い出す



金生む一也







伝言ダイヤルは確かに安く済む広告媒体だ

求人募集の費用や集客の為の宣伝広告費に比べると

普通の商売やノンケ相手の風俗の一割とかからない

人件費の心配もない完全歩合の世界

何より在庫を抱えなくていい

食料品のように賞味期限もない 保管場所も必要ない

コストと呼べるコストは鼻クソのようなもんだ

店舗タイプでなければ内装費も家賃も掛からない

電話一本あればいい 事務所など持たずとも自宅待機にしたっていいのだ

伝言ダイヤルを主軸とする出張ビジネスは

一般的に見ればノーリスクのミドルリターンだった

男×女には売春防止法という法の規制があり取り締まりの対象になるが
男×男にはそれがない
気をつける点はひとつ 18歳のライン

年齢のラインさえ気をつければ このビジネスはバリアフリーなのだ























「誠二はどうだ?ちゃんとやってるか?」
「はい 誠二さん本当良く頑張ってらっしゃいます
働く子達の面倒見もよくて 助かってます」

「そうかぁ
誠二はあぁ見えて芯のある男だからな
誠二から昔の話を何か聞いてるか?」
「元自衛隊員だったことと ピンサロの店長やってたことは聞いてますが
それ以外は特に」

「誠二のピンサロん時の話で何か言ってたか?」
「?・・・いえ」

「誠二がピンサロの店長やってた店ってのが
ウチ(組)の持ち物だったんだ」
「そうでしたか」

「素人の誠二は何も知らん(ヤクザ経営であったことを)と店のオンナに片っ端から手ぇ出してな
仕事中もチュッパチュッパ吸わせてたことが俺の耳に入ってきてな
でっ お灸をすえてやった(笑)」

押尾は酒を水のようにグイグイ飲みながら
誠二さんとの出会いを昔話を懐かしむように話してくれた

「反省させようと思ってな
事務所に連れて行って坊主にしてやろうと
バリカンまで用意して・・・」

空いたグラスに酒を注ぐ押尾の顔は
とても楽しそうに話を続ける

「こぉらぁっ ウチの大事な子達に手ぇつけやがってぇ
ふざけるなっ!!て どやしたらな
あいつが言った言葉が・・・(笑)」

それで?早く!!
続きを早く聞きたい 焦らされる間(ま)がたまらなくもどかしい

「自分は店の為にやりました
働く子(オンナ)達の技術向上を狙っての事です
ってな ひょうひょうと抜かしやがった はははっ(笑)」

想像ができな・・・くもない

「反省するどころか当然の事をやったんだと抜かす始末でな」

画が頭に浮かんで笑ってしまう

「それで 店の子(オンナ)達を全員集めてよくよく話を聞いたら
誠二は一回も射ってないことが判った 本番も誰一人としてやっとらんかった
大した男やぞ 本当に店の為にやっとったんやからな(笑)」

誠二さんらしい あの人は真っ直ぐだ
少なくとも俺に対しても 働く子に対しても 店に対しても
真っ直ぐな姿勢がいたるところから溢れている

「その話を叔父貴にしたら 誠二を欲しい言ってな
俺が面倒見るようになったっちゅうわけや」






















そうだったのか・・・



誠二さんも・・・





スカウトされたんだ・・・




























歌舞伎町のピンサロで店長をやってた誠二さん
あっち側にスカウトされた

伝言ビジネスをやってた俺が
こっち側にスカウトされた




何の巡り合わせか





あっちとこっちが同じ船に
































鮨屋を出て 連れていかれた二軒目の六本木のゲイバーで
伝言ダイヤルの番号を押尾に教えたというアザラシ級の元男性の持ちネタに
俺は腸が捩れるほど笑わされた
















































80) 一也と盆 】 へ続く


↓ポチっとが栄養になってます↓m(__)m


FC2ブログランキング

別窓 | ■ SHOUT ■ | コメント:4 | トラックバック:0
<<78) こっち・あっち | 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ | 80) 一也と盆>>
この記事のコメント
押尾さんとの夜は笑って終わり・・・の訳ないよね(笑)

それにしても、
押尾さん、素敵な上司にみえるなー。
2007-06-09 Sat 22:22 | URL | バシ #-[ 内容変更]
体験豊富
だね~ッ!
長い間サラリーマンで酒も弱くて・・・なんていう俺には人の体験を読むしか「夜の繁華街」を想像するだけで、、、
まさに身体を張って生きている一也に自然と味方しちゃうよ、頭が切れるからキット最後には幸せになるんだろうなァ~。  G@TENさんと どうしてもWよ。
2007-06-11 Mon 13:58 | URL | おやじ #WJMUG67w[ 内容変更]
レス×四
~~~~~To.ブラインドコメント↑①さん~~~~~

>件名 : 今更かも?

>・・・・・読み落としてるか 削除されたのか
>・・・・・記述なかったっけ? 
>・・・・・前から ちょっと 気になってて…

ありますよ その記事は
20) 歌舞伎町のチンピラ です
http://gaten.blog74.fc2.com/blog-entry-30.html

そういうところをしっかり覚えてるところがNICEです!w

G@TEN

~~~~~To.バシさん~~~~~

>押尾さん、素敵な上司にみえるなー。

みえますか^^
みえましたか^^
みえるのですな^^

これ以上は言えないw

G@TEN

~~~~~To.ブラインドコメント↑②さん~~~~~

>件名 : 感想とお礼

>左上にメッセージが流れるように・・・・・・・
>この前、気づいたとき・・・・・・・・・ドキドキ・・・・・・・
>嬉しかったです
>昨日の金スマ・・・・・・本当に素敵な歌声でした
>・・・・・・・ありがとうございました。

もっと早くから告知しておけば良かったですね
前日に告知したからちょっと遅かったですね
すんません

G@TEN

~~~~~To.おやじさん~~~~~

>体験豊富だね~ッ!

現実でもよく言われるんですけど自覚はないようです
夜の繁華街 中洲 すすきの 歌舞伎町 どこも好きです

味方してくれて嬉しいです
Wよ の解読に3秒かかりましたw

いつもありがとうございます

G@TEN
2007-06-16 Sat 04:43 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
更新がんばってください♪ブログはじめたばかりなので先輩ですね^^ちょくちょくのぞきにきまぁっす★
2010-05-18 Tue 13:36 | URL | 蝶 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ |

ブログ内検索

。RSSフィード。   ...   ・・

アクセス数:
なかのひと