FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
80) 一也と盆
2007-06-11 Mon 13:55
title=
79) 武勇伝 からの続きです





少しだけ背伸びをする

いつもと違った風景に心が躍る



見えてなかった世界が

目の前に広がった時

好奇心という暴れ馬が

いとも簡単に柵を飛び越えてしまう



柵をひとつ越え ふたつ越え

みっつ越え よっつ越え




元の場所に戻れなくなる

脱線するのは性格なのだろう









↓ポチっとが栄養になってます↓m(__)m


FC2ブログランキング










押尾は酒をしこたま飲んでるので
いよいよ車の運転が出来なくなり
帰りは俺が運転すると申し出たのだが
時既に遅く六本木のゲイバーに
子分の1人がやってきた

「兄貴 草津がかなり沈んでます」
「どんくらいや?」

「3時の時点で2本は行ってますね」
「2本!?」

「あいつ・・・」
「どうしますか?」

「鴇田に代打ちさせぇ」
「それが 何度か連絡入れてみたんですが捕まらないんです」

「和泉は?」
「先週から上海に行ってます」

「ちっ・・・」

舌打ちした押尾は
どこかに電話をかけて代打ちを依頼した





会話の中身が見えたのは
代打ちを迎えに行き
代打ちが押尾の車に乗り込んできてからだった


「へこみは なんぼほど?」
「3時の時点で2本や」

「そりゃツイてませんな
ここんとこ ワシも暗いんですわ(笑)」
「草津よりはマシだろ(笑)アイツは博才がない」

「そこの兄さんは打ちまへんのか」

「一也 麻雀はヤルんか?」

麻雀の話だと初めて解った

「麻雀は好きですが 最近は全然打っていません」
「打つか?」

打たないと答えたのに
代打ちを送った先のマンションの一室に
一緒に連れて行かれた























赤坂のマンション
玄関前に監視カメラが二台
怪しい感じの高級マンション
中にはワニ革の靴や雪駄が並ぶ

リビングには7~8名の男たち
見るからに本物(ヤクザ)だ
皆が腰を上げ一斉に押尾にご苦労様ですと挨拶をする

奥の一室で全自動卓を囲みニコリともしない顔で
牌だけがカチカチと音をさせていた

「南入したところか・・・
もうしばらくかかりそうやな」

リビングのソファーに座らされ
代打ちと共に待たされる

「兄さん歳ぁなんぼね?」
「24です」

「ここへはよく来なさるんか?」
「いえ 初めてです」

「そぉか 組員ではなさそうやね」
「はい 違います」

「まぁ 詮索すんのはやめときましょ(笑)」

歳は40後半だろうか
競馬場や競輪場に多く見られる風貌だ
白髪交じりの長い髪で無精髭を生やした男は
ショートホープを取り出し吸い始めた

周りにいる眠たそうな顔をした男たちは
打ってるメンバーの御付きのようだ
飲み物やオシボリを運んでいる

テレビはついてはいるが音が出ていないのは
勝負の妨げになるからだろう

広い室内は会話をする者もおらず
奥の部屋からのポンやチーの声と
牌を掻き回す自動卓の音が時々聞こえてくるだけだった

タバコを5本ほど吸っただろうか

半荘が終了し押尾が代打ちを迎えにきた

「頼んます」
「ケツはいくらで?」

「5本」
「はいよ」

代打ちが奥の部屋に行き
奥の部屋から草津が入れ替わりで来た

「兄貴すんません」
「お前は暫く霜や(しも=下ろすの意)」

代打ちを残して草津と押尾とでエレベーターに乗る
エレベーターの扉が閉まったと同時に
押尾は草津の頭をパンと叩いた

「沈みは?」
「230万です」

下げたまま答える草津の頭を再度パンと叩き

「前回と合わせてお前1人で千(1000万)は持っていかれとるやないか」
「すんません」

マンション前でハザードを点けて待ってたベンツのドアを開け
草津は押尾と俺を後部座席に乗せてくれた

助手席に乗り込もうとした草津に

「オマエは歩いて帰れ」

押尾はそう言って車を新宿へ走らせた






開放された時は明け方 5時近かった


















代打ちなんぞ出来るわけがない
1本が百万円を意味していた
いくらのレートだ?
10-30-50のレートだろうか
(持ち点がなくなると8万)

俺がフリーで行く雀荘なんかは
1-1-3ぐらいなもんだ
(持ち点がなくなると6千円)

後日 誠二さんに聞いて解ったが
レートは20-50-100だった
(持ち点がなくなると16万円)
一発と裏ドラが1万円

代打ちに底が5本と押尾が言った意味は
負けの金額は5百万円まで許すという意味だった

半荘で箱(点捧がゼロ)になって16万とは・・・
握り(本勝負とは別の賭け=いわゆるオプション)でもすれば
ひと月分のサラリーが1時間で消えてしまう
何とも額の大きい勝負である

東風戦ならえらいことだ
半日で年収を負ける可能性がある

打ってみるか?と言った押尾の顔はまんざら冗談でもなさそうだった
そこが怖い

卓は休まず1週間稼動する
打ち手は自由に変えていい
組事務所にガサが入ったとしても代打ちを立て
卓は絶対に休ませないという決め事の盆だった

誠二さんは1週間で2千万は動くと言っていた

客の中には医者や弁護士
警視庁関係者もいるとの事

24の俺は別世界を垣間見た事で
少し世界が広がった気がした
身長が5cm伸びたようだった

後日 俺はある演歌歌手と卓を囲む



























「お早うございます 一也さん」
「マサヒロ!?」

「はいマサヒロです
寝てました?」
「うん寝てた 今何時?」

「10時過ぎです」
「そか 今どこ?」

「今自宅です
正午から出勤してもいいですか?」
「ちゃんと話し合った?」

「はい」
「大丈夫なん?」

「大丈夫です」
「そか解った 詳細は会って聞くよ」

「はい じゃあ正午に出勤します」
「了解 じゃあ後で」





マサヒロからの電話だった
大丈夫と言っていたが・・・


携帯を握ったまま ベッドで微睡んでると
今度はツヨシから電話がかかってきた

「一也さん お早うございます」
「お早う ツヨシ」

「起きてました?」
「うん 起きてたよ」

「お茶しませんか」
「ツヨシ今どこ?」

「今新宿駅に着いたところです」
「家に来なよ俺これからシャワー浴びるから」







ツヨシを部屋に呼ぶのはもうよそうと思っていた






俺はツヨシを抱いてしまうから















抱いたツヨシを手放して



客のところにいかせるのが辛くなる















抱かないほうがいい

抱く度に 俺のココロ 雑巾みたくズタボロになる













そう思っているのに













ツヨシの声が












俺の縄を緩ませる











































惚れるが負け





































81) 一也の一週間 】 へ続く


↓ポチっとが栄養になってます↓m(__)m


FC2ブログランキング

別窓 | ■ SHOUT ■ | コメント:6 | トラックバック:0
<<79) 武勇伝 | 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ | 81) 一也の一週間>>
この記事のコメント
だって
ツヨシが好きなんだろう~イイヨ、イイヨ、燃えている時にはう~~~~んと 燃え尽きちゃいなよ、我慢って身体にも心にもヨクナイよ~~、
・・・過ぎてみれば・・・特に若くて輝いている時は、わずかに「瞬き」する間だよ。
この「新宿タワー」 だって 100回で終わり、、、
その後・・・俺は何を楽しみに・・・。
2007-06-11 Mon 14:22 | URL | おやじ #WJMUG67w[ 内容変更]
演歌歌手
気になる… たしかに 表の世界では 建前があるけど
警察官も 医者も ヤクザも みんな ひとりの人間!
建前だけの上司や部下よりも ずっと こっちの仲間の方が
結束堅そう! 気が合う 馬が合う なんと言ったらいいの?w
2007-06-11 Mon 15:03 | URL | たく☆ #-[ 内容変更]
24才だもんねぇ~。
声聞いたら、
そりゃ、そういうことに・・・なるよ。

賭け事に関しては、新しい世界でした私も。
2007-06-13 Wed 00:04 | URL | バシ #-[ 内容変更]
レス×三
~~~~~To.おやじさん~~~~~

>我慢って身体にも心にもヨクナイよ~~

わかっているのに 解かっているのに

>「新宿タワー」 だって 100回で終わり、、、

第一章がですから ご安心ください
区切りです 区切り 自分の中の区切り
区切らせてくださいね
仕切り直しは俺の癖

G@TEN

~~~~~To.たく☆さん~~~~~

表の顔と裏の顔
俺は裏の顔を持つ人に惹かれてしまう傾向が強いのは
幼少の頃からです

G@TEN

~~~~~To.バシさん~~~~~

そういうことに・・・・
なっちゃうかぁ

弱いですね 牙あるのに

>賭け事の話・・・・

ギクッ(汗)

G@TEN
2007-06-16 Sat 04:51 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
なァ~~んだ
第一章(がァ) 100回で終わり だったんですかァ~
俺は よ~~く見ないで早合点するクセがあるんです。
昔、オイデ、オイデをしている人を見て、、、アッチイケ、アッチイケ って、、、嫌われていると早合点して後ろも見ずに帰って来て部屋で一人泣いたことがあったなァ~、
懐かしいです。
一区切りの後が楽しみです。
2007-06-16 Sat 21:18 | URL | おやじ #WJMUG67w[ 内容変更]
おやじさ~~~~ん
おやじさん
元気にしてるかなぁぁ
レスが少し遅くなってごめんなさい
2007-11-20 Tue 17:09 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ |

ブログ内検索

。RSSフィード。   ...   ・・

アクセス数:
なかのひと