FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
16) MAN FISHING
2007-04-21 Sat 15:50
GBr
15) ノンケのバイト からの続きです





若い故に 出来ることがある

若い故に 出来ないことがある

力を持つ者 持たない者

求める者 与える者

絶え難い現実が目の前にある

非力な自分がそこにいる






FC2ブログランキング






新宿の朝 約束通りに今井と10時に喫茶店で落ち合った
先にコーヒーを飲んでる今井達を見つけ
隣の席で俺と重春は揃ってモーニングを注文した
今井が 含みを込めて

「よく眠れたか?」

俺も含みを込めて 言い聞かせるように小さく何度か頷いた
その直後に大きなあくびをしてしまう










実際は一睡もできなかった

一日中遊びまわった子供のように
邪気のない深い眠りにつく重春の右腕が
胸の上にまわし置かれ
絡められた右足の重みで重春を感じ
耳元に吹きかかる寝息の温かさと音の心地良さが
朝まで眠りにつかせなかったのだった


G@TEN-sle7.jpg

















秘め事をいくつも抱えるであろう仕事をしている
同じ歳の重春のバイトの選択に興味があった
知らない世界は俺にとって大人な世界だ
風呂から出ていくつか聞いてみた

「長いって どれぐらいですか?」
「今の店はかれこれ一年くらいです」

「今の?前は違う店?」
「本当のことを言うと指名減るから
いつもは少なめに答えてるんですけどね」

「毎日?」
「毎日は身が持たないですよ(笑)週3です」

なぜこのバイトを?と聞きたいのに切り出せない
素人の俺でも 愚問であることは心得ていた










重春は男と裸で体を重ねる仕事をしているのに
ゲイではないという
ゲイである俺の何百倍も男とHをしているのに...
ノンケに何故こんな仕事が出来るんだ??
昨夜は謎が解けぬまま 重春の始めましょうかに促され
恋人ごっこをしてもらった



















「お前達はこれからどうするんだ?」

今井がマコトと重春に尋ねる

マコトは

「午後から大学に」
「昼から違うバイトです」

「そうかぁ俺はこの後仕事だ
安達は今日は休みだからなぁ このまま遊びにでも行くといいまっ今日は一日ゆっくりしろ」

そう言って今井は朝刊を捲った
重春に昼のバイトが何なのかを聞いた

「昼もバイトしてんの?」
「はい ガソリンスタンドで」

今井が話に交じる

「昼も夜も そんなにお金を稼いでどうするんだ!?」
「彼女が妊娠したんです」














一緒になるとの理由でお金が必要との答えだった

俺は珈琲を口にしながら重春の横顔を見た

胸が締めつけられたっ

彼女? 彼女!? 彼女いるのかっ!!

その彼女の為に?

昼はガソリンスタンド
  
夜は男を相手にする






なんて皮肉な話だろうか

女の為に 男と寝るなんて・・・











受け入れ難い現実がそこにあった

重春を助けたかった
あの店にも もう戻って欲しくなかった

激しくそう思った
その激しい思いと反比例する
自分の非力さを痛感した

 
重春を救えない
重春が求めてるものを
俺 何も与えることができないっ・・・
何も  何も 持っていない・・・



情けなかった











そして
ストレートの重春は

今夜もあの店に 立つ












若い故に 出来ることがある
若い故に 出来ないことがある
力を持つ者 持たない者
求める者 与える者

絶え難い現実が目の前にある
非力な自分がそこに確かにいる
22の足どりが とても重い


























夏の終わり レジャー施設が大改装をすることとなり
半年間の休業に入った

改装工事が終了するまで 姉妹店で働く事も出来たが
希望者には長期休暇も可能だった

いい機会だからと年末年始を挟み
二ヶ月の休みを貰い 三年振りに九州に帰る事にした












町の様相は変わっていた
駅前の再開発とかでビルが乱立し
新しくホテルやデパートまで出来ていた

山室と出会ったプールバーは 駐車場になっていた

中学の同級生らに連絡をとり久し振りに集まった
結婚した 出産した 離婚した 捕まった 死んだ
という具合に驚かされるネタが連発し
話題に事欠かず中バカ連中で盛り上がった

しかし俺には 物足りなかった
遊ぶ場所も遊び方も 何もかも幼く思えたのだ

東京で暮らす俺に
地元はチープで 毎日が退屈の連続でしかなかった

変わっていたのは街並みだけではなかった

ゲイである事を自覚し
東京での遊び方を学んだ自分自身が
何よりも一番変わっていたのだった



そう 俺は 進化していた















博多の中心へ遊びに行った
駅前の全日空ホテルにチェックインを済ませ
中洲に向かう

中洲の中心を流れる那珂川
その川沿いに ゲイ向けのポルノ映画館がある
入口の販売機でチケットを買い中へと入った

ここから先は仮面を脱いでもよい世界だ

土曜日という事もあり館内は混んでいた
一旦外に出て 喫煙コーナーの長椅子に座り
雰囲気に馴染むまでタバコを吸って気持ちを落ち着かせる

前にも横にも人がいて
ロングコートの中年サラリーマンの姿が目立つ
中年の目には湿気がありギラギラしていて嫌いだった

最大の防御は 決して目を合わさないことだった
無視することで魔手を予防できることを
俺は過去の経験から学んでいた

再度薄暗い館内に入る

目が慣れるまで壁に寄り掛かり立っていた

横に立っていた男が 不自然な距離に近付いてきた

その10秒後手を触られた



顔も見ずに手を祓い 場所を移動した
あの厚かましさは100%中年だ

仮に若くて顔が良くてもあの図々しさは許容出来ない

どの道NGだから 顔など見る必要はなかった




暗さに目が慣れてきた

最後列の右角の席に姿勢を深くして座った

スクリーンでは男同士が裸で絡みあっている

座った場所から右前方の出入り口のドアの前に

一人の男が立っていた

スクリーンを見ずにこちらを見ている姿が視界に入る

スクリーンが明るくなった一瞬を逃さず男の顔を確認した




その男も


こちらを見ていた








目が合った瞬間から

スクリーンに目を向けることは無くなった

その男から目が離れない

流行の髪形をした同年代だった






俺は座っていた席を一つズレ 角の席を空けた

  [仕掛けた]

すぐに男は俺の空けた席に座ってきた

  [餌に寄ってきた]

足を組み直すタイミングで右の肘掛けに手を置いた
置いた手の下に男の左手がある
男は手をどけなかった

  [餌を突っつきだした]

男の手の甲に ゆっくりと手を滑らせた
下にあった男の手が 同じくらいのスピードで反転した

  [餌に食いついた]

10本の指が折り重なった
ギュッと力を入れてみると ギュッと握り返してきた

  [針を飲んだ]

「出ようか?」

小声で囁くと 男はコクっと頷いた

  [釣れた]




全日空ホテルの一室で
久し振りの獲物にありつけた獣のようにお互いを貧り合い
二度果てた

  [喰った]



俺がシャワーを浴びてる間に 男は居なくなっていた


ありがとうの一行とPBの番号を書いたメモを残して























17) 20歳の魂 】 へ続く



↓よければ 励みくださいm(__)m
FC2ブログランキング


別窓 | ■ SHOUT ■ | コメント:4 | トラックバック:0
<<15) ノンケのバイト | 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ | 17) 20歳の魂>>
この記事のコメント
今、ようやく時間取れて過去記事よませてもらってます。

G@TENさんて像が妙にリアルに感じれる。
つーか、記憶力良すぎ・・・笑
なんでこんな一字一句おぼえてんですかぁ~!

エロさに勃起したりしてる。
そしてG@TENさんに餌ぶら下げられたら食いつきそうなのらです爆
2006-10-28 Sat 12:16 | URL | のら #-[ 内容変更]
To.のらさん
最初から読んでくれてるん?
大変やでぇ(笑)
記憶なんて イメージさっ イメージっ
記憶って薄まるものもあれば 強まるものもあらぁなっ^^
坊主が最初から読んでくれるてるなんて
嬉しいねっ
坊主んとこから 風太さんに たく☆さん 来てくれとるし
坊主に感謝っ!!m(__)m
ゆっくりしていってや  お茶だそうか?^^

ありがとう


G@TEN
2006-10-28 Sat 18:30 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
遅ればせながら…
のらちゃん と遭遇(笑)
シャワー中に居なくなるって 切ないな…
俺もあるけど かなり 寂しい… 
まだ PB番号あるだけ 羨ましいわ!
2006-11-19 Sun 12:58 | URL | たく☆ #-[ 内容変更]
To.たく☆さん
またもや半年ぶりのレスになります^^;

当時のツールとしてのPBは画期的でしたね

記念にひとつ持っておきたかったです。

バイブレーション機能とかカード型とか

そんなんありましたね 懐かしいw



この記事を再UPした時に
写真がここで入っていたので我ながら驚いてます。

重春の面影を随所に残すPhotoだからです

イイ男は得ですね

G@TEN

2007-04-21 Sat 17:07 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ |

ブログ内検索

。RSSフィード。   ...   ・・

アクセス数:
なかのひと