FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
17) 20歳の魂
2007-04-21 Sat 18:25
GBr
16) MAN FISHING からの続きです
R18指定(本文には過激な表現が含まれてます)





大切なモノがまた一つ失われていく

失ったモノが何なのか 思い出せなくなる

堪え難きは 何事にも堪えられるという現実

呪うべきは どんな現実にも順応してしまう 人間の性(さが)

人は呪われて この世に生まれてくる

そして呪いに逆らえず生きていく






FC2ブログランキング






日曜日の夜

まだ 昨日の行為の疲れが少し残っていた

予定していた時刻になり
全日空ホテルから程近い場所にある 一軒の店を目指した

ドアを開けて店内に入る

静かだった

日曜だからだろう 他に客の姿はなかった

俺はカウンターに腰掛けた

「いらっしゃいませ」

この店のマスターらしい
奥で見ていたテレビを消し 有線のスイッチを入れた

BGMが流れ出し お店らしくなったところでマスターが言った

「何か飲まれますか?」

ビールを注文した
グラスにビールが注がれ右手を添えた
座るマスターにも一杯勧めた

挨拶代わりの軽い乾杯をし
苦手なビールを一口だけ飲んだ

タバコをくわえると火を点けてくれ
親子ほど歳の離れたマスターの接客に恐縮し軽く頭を下げ
カウンターに向け煙を吐き出した

マスターはライターを置くタイミングで

「旅行で来られたとですか?」

俺は話を膨らませないようにわざと素っ気なく「えぇ」と
一言だけ答えて頷いた

マスターと楽しい会話をしに来たわけではない

短い沈黙のあと 吸い終わっていないタバコを
灰皿に押し付けながら本題に入った

「右から三番目の子を泊りで」

































大切なモノがまた一つ失われていく

失ったモノが何なのか 思い出せなくなる

堪え難きは 何事にも堪えられるという現実

呪うべきは どんな現実にも順応してしまう 人間の性(さが)




人は呪われて この世に生まれてくる


そして呪いに逆らえず生きていく
























店に規定の料金を支払い 右から三番目を連れ出して
夜の博多の街を歩いた

「かわいいねっ」
「いえ 全然そんなことなかですよ」

「そんな事あるよ いくつ?」
「20歳です もう少しで21になります」

「何日に?」
「12日です」

「射手座だね」
「はい よく知っとりますね!そういう関係ですか?」

「!?
どういう意味??」
「お仕事が占い関係とか・・・」

「全然っ違うっ(笑)
 俺腹減っててラーメン食いたいから
 中洲行きたいんだけど 腹減ってる?」
「はい(笑)」

「ラーメンでいい?」
「ラーメン大好きです」

タクシーに乗り中洲に向かった
立ち並ぶ屋台の中で 一際賑わってる店を選んだ

ラーメンを二つ注文した
男の子が先に口を開く

「失礼か知れませんが 歳ばお若いですよね?」
「いくつに見える?」

「一つか 二つ上やないとですか」
「そうだね もうすぐ23になる」

「何日にですか?」
「12日(笑)」

「!!(笑)」


師走の賑やかな中洲 寒い夜の 暖かな屋台
肩を並べている 二人は お金でのみ繋がっていた


























ホテルの部屋に戻った
コートを脱ぎ捨て ベッドの上に腰を降ろす
男の子がコートを拾おうとするのを構わず引き寄せ
ジャケットを脱がせ膝の上に座らせた

男の子は従順だった
いきなりの始まりに 少し戸惑い
恥ずかしそうに屈託のない笑顔を見せる
両手を首に回させた

シャツのボタンをゆっくり外していく
全部のボタンを外し終え
下に着ていたTシャツを二つの突起が出るようたくし上げた
篭ってた20歳の体温が蒸気となり昇ってきた
胸に顔を埋め 体温を肌で確認し 目を閉じ深く息を吸い込む
20歳の青い匂いがした

ゆっくりと 突起に舌を這わせると
首に回してる手に力が加わる

両肩に体重が掛かり出した 
反応が直ぐに返ってくる

身を委ねてきた・・・

速度が速まる舌の動きに男の子は敏感に反応し
肩に余った手を頭にまわし抱え込むようにしてきた

泣き出しそうな表情を浮かべ
声を漏らす

「んっ・・・」

俺は 更に丁寧に加速した

右手をベルトに掛け 外しにかかる
ファスナーを下ろす手に 状態 が伝わった

トランクスに手を入れ
布の中で脈打つ 20歳の証明を掌に収めた

胸の突起から口を外し
微かに震える唇を わざと外してキスをした

その気遣いは無用ですとばかりに 無条件に唇を重ねてきた

突き入れた舌に舌が絡まる
さっきまで噛んでいたガムの味が広がる

愛おしかった
20歳の魂に触れたかった

男の子を立たせシャツを脱がせた
下着だけにし 両腕に抱え込んだまま押し倒した

しなやかで無駄のない まだ未成熟の躯

腕の中にある魂に触れるには

金の力に頼る以外に術がない

現代の倫理やモラルなどは

俺の前では無意味だ

ストレートの優良品に触れる為に

俺のような不良品は喜んで金を払う




愛撫する口は突起から脇下 脇腹 下腹部

そして 核心へと近付く

漏れる声が大きくなる

「んっ・・

 シャワー・・

 浴びなくていいとですか?」

もうっ耳に入らない

「僕・・・汚いですよ」

核心を口に含む為に トランクスを剥ぎながら言った

「・・・別にいいさ」














20歳だぞっ!!

20歳のどこに汚いモノが在るというのか

汚さなど微塵もない






汚いのは・・・


こっちだぁっ!!
















昨夜 釣った男と交じり合ったベッドの上で

今夜は20歳の魂に泥をかけてる

最後まで名前は聞かなかった

記憶に刻みたくなかったのだ

何も知らないほうがいい また胸が苦しくなる
















重春を救えなかった22歳の誕生日

あれから一年

23の誕生日が 目前だった



俺は汚れていった


底のない沼に身を投じ 喜んで堕ちていった





















18) トイレでの情事(こと) 】 へ続く


↓よければ 励みくださいm(__)m
FC2ブログランキング


別窓 | ■ SHOUT ■ | コメント:6 | トラックバック:0
<<16) MAN FISHING | 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ | 18) トイレでの情事(こと)>>
この記事のコメント
はじめまして!文章のリアリティさに心が動きます。ブログ始めたばかりですけど今後ともよろしくお願いします。
To.カクテルさん
どうもコメントありがとうございます。

チョイワルっすかっ
俺も会社でそういう風に言われました。
意識してないんっすけど
怖いもの知らずのところがみたいっすよ

正直に発言するとっ
後で周囲の同僚たちから 怖いもの知らずだと
言われますが

会社は皆が役割を演じてるわけなので
ベクトル同じなら 何を怖がってるのかが
俺には解せませんが

怖いのは人間ですっ
間違いなく

今後ともよろしくお願いします。

G@TEN
2006-09-17 Sun 07:14 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
ラーメンが食べたくなったのと同じように体を欲したくなることもありますよね。

僕は最近思うのは好きや愛ってことよりも現実的な体温や言葉を求めてたりする。
熱しやすく冷めやすいこの体をどうにかしてほしい。
2006-10-28 Sat 12:31 | URL | のら #-[ 内容変更]
To.のらさん
遠くの彼氏より 隣のご主人 やな^^
うんうん 熱しやすく冷めやすいは 男じゃ男っ
男の勲章やで そこがええんよ
と言うものの 苦しいのは分かる うんうん
欲するものとか 求めるものを 殺さずに
行動して 魂を解放してくれると
俺は泣いて喜びます

G@TEN
2006-10-28 Sat 18:36 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
22~23
いい時期ですね
時の流れは 早いですね
誕生日わかりました 嬉しい発見です(笑)
2006-11-19 Sun 13:07 | URL | たく☆ #-[ 内容変更]
To.たく☆さん
冷やかし防止で 掲示板にはPWをかけさせていただきました
ごめんなさいとありがとうです。

G@TEN
2007-04-21 Sat 18:53 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ |

ブログ内検索

。RSSフィード。   ...   ・・

アクセス数:
なかのひと