FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
20) 歌舞伎町のチンピラ
2007-04-23 Mon 07:04
GBr
19) 扉のむこう からの続きです
R18指定(本文には過激な表現が含まれてます)





男はミツバチ

花粉を集めに様々な花の上を飛び交う


昨日と今日の花を変え

収穫が見込めるお気に入りの餌場で

発射する為に 最大限の魅力を纏い

ご自慢の羽を見せ付ける



射くまでの 億まで達したボルテージは

射ったあと ゼロになる



花粉を掠め取ると

花を足蹴に別の花粉を探しに空へと飛び立つ

男が好きな理由はただひとつ


俺自身 ミツバチだからだ





↓ 励みになります
FC2ブログランキング






歌舞伎町にある雑居ビル
伝言ダイヤルを利用したゲイ専用のバイトを始めた

「お早よぅございまぁっす」

誰に向かって言うことなく 何となくボードに向かって挨拶する

そう広くない雑居ビルの一室
伝言ダイヤルの吹き込み係り兼予約受付兼ヤクザが一人
働き手が俺を含め3人

ソファーに座りメモを取る
スケジュールボードに書き込まれてる今日の内容をメモに書き写した

◇15:00 品川プリンスホテル 角川様 2H
◇19:00 京王プラザ 岩沢様 2H
◇22:00 ワシントンホテル 松田様 泊

昨日分の売り上げの30%をヤクザに渡す

「昨日の分っす」

2万4千円を渡したが

「一也・・・」

ヤクザは小さな声で俺の名前を呼び
4千円を手に戻してきた

「どもっ 今っすか?」

前金の礼と
前金の根拠を 今ヤルのかどうか聞いた

俺は事務所へ来る時に買っていたサンドイッチと牛乳を
持って隣の給湯室へと行きカーテンを閉める
真ん中に穴の開いた大衆食堂にあるような
チープな丸椅子にいつものようにパンツを下げ
座ってサンドイッチを頬張りながら言った

「あんま元気ないっすけど」
「あぁ 解ってる」

俺のモノを咥えると
声とも唸りともとれない「うぅ~ん」という喉音と
スーツのファスナーを下ろす音を立てて
俺がサンドイッチを食い終わるまで
ヤクザはしゃぶり続ける

スーツ姿のヤクザを跪かせてランチを取る事が日常化してきた

俺が食い終わったのを察するとヤクザは下に寝そべり
しゃぶりながら扱いていた自分のモノにゴムを装け
丸椅子の下に頭を突っ込む
穴越しに見える俺のケツを見ながら
「ぅおぉっ....一也のケツ...」と嬉しそうに指で触る
左手ではゴムの被さったブツを激しく細かに扱いてる

牛乳も全部飲み終わり ズルズルとわざと大きく音を立てる
これは 俺のランチが終了を意味する合図になっていた

ヤクザは音を聞くと一気に加速して
そのままゴムの中に精液を放った。

精液の溜まったゴムをブツからはずすと
口を軽く縛りゴミ箱に捨て
ホットウォーマーからオシボリを出し
自分のより先に 唾液がついた俺のモノを拭いてくれ
その後 精液のついた自分のブツを拭き終えると

「一也っ サンキュなっ」

そう言うと クールな顔に戻り給湯室から出て行った

サンドイッチの袋と牛乳パックを捨てるのにゴミ箱の蓋を開け
ゴミを捨てた と 同時に精液の入ったゴムを拾いあげる

事務所の電話が鳴る 客ではないようだ
どうやら兄貴分に予約状況の報告をしているようだ

再度ソファーに座った俺に
またこれも決まっていつものように
もう一人の働き手 ケンジが俺にそっと千円を渡す
俺はそれと引き換えに まだ温かい精液の入ったゴムを渡す
ケンジと目をあわせニンマリと笑い 本日の取引は終了する

ケンジはこの電話番ヤクザに惚れていた

過去に 泊り客の土壇キャンで
仕方なく一旦事務所に帰って来た時
この事務所に女を連れ込んで
立ちマンをやってるところをケンジが目撃して以来
この電話番ヤクザとのSEXを密かに夢見てるらしい

今 兄貴分に報告しているこのヤクザ 25歳だが
見た目はどう見てもチンピラ
自衛隊あがりでガタイもいいしタッパもある
何せトッポいし鉄砲玉風情だ

俺は何とも思わないが ケンジは相当熱を上げてて
今事務所のトイレで
まだ生温かい このチンピラヤクザの精液を
美味しそうに飲み干しているんだろう

間もなくしてケンジがトイレから高揚冷めやらぬ状態で
顔を赤らめて戻ってきた
小声で「ありがとう」 口からは精液の匂いがした

スポーツ新聞を広げながら

「一也はいいよなぁ 誠二さんにエッチして貰えて」
「馬~鹿っ 誠二さんも俺には客だっ」

チンピラヤクザの誠二はホモセクシャルではない
誠二は無類の女好きだっ

この事務所の電話番をするようになったのが三ヶ月ほど前
俺の客になったのがひと月ほど前

客とはどんな事をするのか?と興味津々に聞かれ
行為の話を包み隠さず話してたら
誠二さんが勃起してきたと言い出した

俺がしゃぶってあげますよと笑いながら言うと
誠二さんがちょっとしゃぶらせてくれと
本気とも冗談とも とれない口調で言ってきた

「俺プロですからノーギャラじゃ」

財布から一万円を出した

「マジっすか!?」




















21) ほんまもんのヤクザ 】 へ続く


↓よければ 励みくださいm(__)m
FC2ブログランキング


別窓 | ■ SHOUT ■ | コメント:4 | トラックバック:0
<<19) 扉の向こう | 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ | 21) ほんまもんのヤクザ>>
この記事のコメント
いまさら遡ってますので過去記事にコメント入れまくると思います。

兎に角いきなしすごいバイトに突入・・・ですね。
僕・・・まだ飲んだことないんですよね、アレ。
やっぱ相手のこと相当好きじゃなきゃ無理だもん。
2006-11-15 Wed 13:34 | URL | のら #-[ 内容変更]
To.のらさん
ども G@TENです^^

何や 嬉しいこと言ってくれんねぇ

最近は 俺が遊びにいけないほど忙しい

心亡くすで=忙しい

そうならんようせんとなぁ

コメ楽しみっすww

G@TEN
2006-11-16 Thu 00:19 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
一也、登場だね。
2007-04-23 Mon 23:36 | URL | バシ #-[ 内容変更]
一也です
はい

ココロも俺は今 一也になっています

G@TEN
2007-04-24 Tue 04:17 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ |

ブログ内検索

。RSSフィード。   ...   ・・

アクセス数:
なかのひと