FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
41) 堕罪
2007-05-03 Thu 14:57
title=
40) 戦火の行方 からの続きです





堕胎
胎児を人為的に流産させること。

堕獄
悪業(あくごう)によって地獄に落ちること。

堕落
物事がその本来あるべき正しい姿や価値を失うこと。
仏語。道心を失って悪道に落ちること。

堕天使
キリスト教で悪魔のこと。神の試練に堪えきれず下界に堕(お)とされた天使。







堕罪
罪に落ちること。罪人となること。





↓栄養くださいm(__)m
FC2ブログランキング






目が覚めると深夜の4時を回っていた
隣では 男がスヤスヤと寝息をたてている

男を起こさないように そっとベッドを出て
椅子に腰掛け タバコに火を点ける
ライターの音で 寝息が一瞬止まるが
また 直ぐに寝息をたて始めた






窓から入ってくる外の明かりで室内が照らされ
寝ている男の顔が薄っすらと確認できる

サイドテーブルのコロンを手にとって見る
兄の使っていたものとは違う
アラミスではなかった

タバコの煙を 何度か吸い込み
目を凝らして 男の寝顔を見る
そこに 兄の面影は消えていた

ひとつになった後 シャワーを浴びて出てきた俺に
読んで貰いたい本があると 男は一冊の本を用意していた
中を見ようとすると 持って帰って読んで欲しいと
本を開くのを止められた

どんな本を読むのかと聞かれたが
愛読している小説もなければ 好きな作家もいない
読書と呼ぶに不足なファッション紙
Herb RittsやBruce Weberの写真集
それから 泳法の教本やトレーニングのハウツー本と
特にこれといって 思い当たらなかったが
三度読んだ本の名前を挙げた





「人間失格」

古本屋の100円コーナーに並ぶ文庫本コーナーで
人間失格を見つけた時
タイトルだけで 手にとりレジへと持っていった

太宰治(だざいおさむ) 本名 津島修治
嘘か本当か知らないが 太宰の名は
堕罪からとったのだと 後に聞かされ
俺は現在(いま)も その説を信じている

俺は 自分の事を人間失格者であると感じている
と同時に 人間でありたいと強く望んでいる

例え邪(じゃ)の部類に属し 塗(まみ)れたとしても
小指の先ほどでもいいから 善の部分を持っていたいと願っている

全身を白で包みたいとは思わない
もう無菌室では生きていけないことは承知だ
毒さえも体の一部と化している

黒に染めてしまおう
黒い染みが 黒く染めることで目立たなくなると







男は子供の時の話をしてくれた

小さな頃は病弱で喘息持ち
遠足にも行けない 社会科見学や運動会もなし
もちろん体育の時間は毎回見学組
体育の授業がある日が一番嫌いだったと言う

登校時には家から校門までを
下校時には校門から家までを
母親が欠かす事無く 送り迎えをしていたことで
学校が終わってから 友人と遊ぶ事も出来ず
校庭に残って ボールすら蹴る事が出来なかったという
外界に全く触れさせて貰えず
箱に入れられたような子供時代だったと

中学に上がって
同じように体育の授業を毎回見学ばかりをしていると
それを可愛そうだと見兼ねた体育教師に
水泳でもやってみたらどうだと勧められ
水泳教室に通いたいと 1ヶ月間母親を口説いたが
聞き入れて貰えず 家出をしようと考えたそうだ

住んでる静岡から普通列車を使って北海道まで行く計画を立て
実行に移すも 駅の改札で父親に見つかり 敢え無く家出は失敗に終わる
家出の決行当日 家出する内容を書いた手紙をポストに入れて出たが
朝刊を読む習慣のある父親に 即座に読まれ車で先回りをされたらしい

しかし それがキッカケとなって 母親と一緒に通うという条件付きで
水泳教室に通えるようになり 送迎を続ける母親と週三回通う事が出来
喘息の発作は嘘みたいに出なくなったとのことだった




親に抵抗したのが この家出未遂の一回だけと聞かされ
男の子供時代が 何となく想像できた

無菌室で育った男を 俺が少し汚してしまったように感じた
今日を最後に もう会わないほうがいいと判断した俺は
タバコを消し 静かに服を着て そっと部屋を出た










数日後 男から貰った本の事を思い出し 何気なく開いてみると
中には短い手紙が入っていた




-----------------------------------------
  初めての経験があなたで良かったです
  楽しい時間をどうもありがとうございました
  何もお礼をすることができませんので
  受け取ってください
  そして また会ってください
                       和弘
-----------------------------------------





シャワーを浴びている間に書いたのだろう

もうひとつの封筒を開けてみると
中には 感謝の気持ちが入っていた










あの男の感謝の気持ち



            SEXの代価 10万円







SEXがお金になった

俺はSEXの商品価値に この時気付かされた

人を悦ばせる事が お金になるのだと



自分のタイプとしかヤッた事のないSEXを
多少の事に目を瞑りさえすれば 短時間で稼げるのだと
この時に気付かされた

確かにお金はキッカケではあったが
引き金となったのは
俺の存在を喜んでくれた 男からの感謝の手紙

この二つが出揃い 男娼の道を歩き始めた




俺は

 黒染みが目立たぬよう

  黒く染まる道を選んで歩きだした














男に貰った本のタイトルは全く記憶にはない



読んだかどうかさえも 覚えちゃいない





































42)秒読み開始 】 へ続く


↓栄養くださいm(__)m
FC2ブログランキング


別窓 | ■ SHOUT ■ | コメント:7 | トラックバック:0
<<40) 戦火の行方 | 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ | 42) 秒読み開始>>
この記事のコメント
黒い染み・・白くしたいと願ったり、
隠そうとしたりするから苦しいんだな・・。

そのまま受け入れれば自分も居心地よく、
楽なのかもしれない。

投げやりなようで、自分を守る手段でもあるかも知れない。

「続く」だけど、始まりだね。
2006-10-10 Tue 17:27 | URL | 風太 #SFo5/nok[ 内容変更]

それが「善」でないにしても、
たとえ小指の先ほどの大きさでも、
G@TENさんの中に、
何者にも侵されない、何色にも染まらないところを、
しっかりと大切に持っているから、
プロとして男娼をやっていけるのだと思います。

2006-10-11 Wed 01:12 | URL | バシ #-[ 内容変更]
レス&レス
~~~~~To.ALL~~~~~
いつも俺のほうからの発信で
風太さんやバシさんのココロも知りたいって
思うのですが
風太さんブログはやらないのかna?

是非みたいG@TENでした。

2006-10-11 Wed 16:57 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
はじめまして

いつも読むだけでしたが、思うところが在ったのでコメントをすることにしました

『人間失格』私も何回か読みました
合理主義者でありながら自己不全的な主人公ゆえに、大きな矛盾を抱え込む……
皆染まりながら生きてるけど、自分が染まってるのに気づいてないような気がします(もちろん私も)
G@TENさんは物事を真っ直ぐ、的確に捉えられていて尊敬します



またいつかコメントしたいと思います(^_^)応援してます♪
2007-05-03 Thu 21:58 | URL | 从q #-[ 内容変更]
To.从qさん
読んでいただいて コメントまで

どうもありがとうございます

从qさんは 好きな本はありますか?
お勧めがあったら是非教えてください

コメントを下さるスバルのパパさんより
勧められた 蒼穹の昴を 今読んでいます

あと コミックでは これも勧められた本で
ヒカルの碁 も立ち読みしています^^

本を読むのは なかなか気合がいりますが
勧められると 読んでみたいと思うので不思議です

从qさんのお勧めがあれば
ジャンルは問いませんので
お願いします

照れるコメントですが
嬉しいです 励みになります
ありがとうございます


G@TEN


2007-05-03 Thu 22:39 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]

レス嬉しかったです!
そこでコメントでの名前が文字化け?してて驚きました(*_*)
人q改めてまして、莉子です!


お薦めの本ですか…(@_@)
普段あまり読まないんですけれど(笑)
ちょっとしたキッカケで読んで、
珍しくそのまま読破してしまった本です

『すらすら読める方丈記』
        著 中野孝次
鴨野長明の『方丈記』を判りやすく現代語訳してあります
住居や人や天災や名誉などについて書いてある厭世の本

原典は古典ですが堅苦しくはなくて手軽に読めますよ♪

是非機会があればどうぞ(^◇^)

2007-05-04 Fri 11:49 | URL | 莉子 ←人q #-[ 内容変更]
To.莉子さん
莉子さん

改めまして G@TEN(ガテン)です
今後ともよろしくお願いいたします^^


『すらすら読める方丈記』著:中野孝次
了解しました 早速探してみます
ありがとうございますm(__)m

莉子さん
一番好きな 記事ってどれになるか
参考までに 今度教えてくださいね

またのコメントお待ちしています


嬉しいのは俺ですよ
本当 ありがとうございます

G@TEN
2007-05-04 Fri 14:38 | URL | G@TEN #/qAnB.XI[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ |

ブログ内検索

。RSSフィード。   ...   ・・

アクセス数:
なかのひと