FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
02) 制服のチカラ
2007-02-02 Fri 13:31
01) 覚醒の時 からの続きです




部室での秘密の出来事が 俺を段々と支配するようになる

俺と中塚さんの秘密

男性器の成長した実物と その機能を見せられ

俺は中塚さんに魅せられていった





FC2ブログランキング






「安達 これお前にやる 着たいなら着ろ」

ある時 中塚さんが新しい学ランを買ったからと
それまで毎日着ていた学ランを俺にくれた

玉虫色の裏地に龍と虎の刺繍が入っていて
タクティクスの匂いがついたままの中ランだった

着てみると袖がやや長かったので
母親に直しを入れて貰い早速翌日から着て登校した

部室での出来事(秘密行為)以来 遥か遠くの憧れは
手を伸ばせば触れる距離にまで近付いたように感じていた
更に身近に感じたかった俺は クリーニングに出す事はしなかった
学ランに染み付いた中塚さんの汗とタクティクスの香りも
引き継ぎたかったからだ









クラスで初めに仲良くなった啓輔が 中ランに気付き俺を冷やかす
大きな声で騒ぎ立てたせいで クラス中の目が俺に集まり
何人もの男子が寄ってきて 刺繍を見せてくれとせがみ出した
チャイムが鳴り 一旦騒ぎは静まるものの
次のチャイムで騒ぎは再燃し その次のチャイムで静まる を何度も繰り返す
最初は照れが生じたものの チヤホヤされ羨望の的となることに悪い気はしなかった

そして昼休み 他のクラスの尖がった生徒から体育館裏に呼び出されてしまう





「お前 何えらそうに 中ラン着とるんか!」
「生意気だな 脱げよ!」
「くらされてぇんか(殴られたいのか)!」

きっと中学生活には こういう事態が起こるだろうと想定はしていた
俺にとっては想定の範囲内だ
腕力に自信を持っていたわけではないが ケンカなら受けて立つ
その気構えはできていた

好奇心旺盛で負けず嫌いだった俺は
小学生の時はどちらかというとイジメっ子の部類に属し
周囲に要求を押し通す力を存分に発揮していた
しかし イジメられた経験も味わっており
中学生活では 何としてもイジメられる側にだけは立ちたくないと強く思っていた

尖がった3人に囲まれて 生意気だ何だと攻撃を受けるが何を言わても恐くはない
何と言われても 意地でも制服を脱ぐ気はない

脱いでしまったら

戦わずしてこいつら3人に屈したことが周囲に知れ渡り


俺が


イジメられる側に立ってしまう


そのことを強く恐れていた


この一件は チャイムによって放課後へと持ち越しになり
学校内にある ゴミ焼却場に場所を移し再開する

教室を出ると3人のうちの1人が俺が逃げないように待ち伏せていた
焼却場には見物を含め7~8人いた
その中には小学校で同じクラスだった子の顔も見える

覚悟は決めていた その覚悟はリンチされる覚悟
リーダー格の1人が歩み寄り胸ぐらを掴まれた

「お前なめとるんか こらっ!」
「なめとらん」

「脱げっち言いよろぉが」
「いやだ 絶対に脱がん」

「お前ぶちくらすぞっ!」
「中塚さんから貰ったんや 絶対に脱がん」

左の頬にガツンと右手が飛んできた









一週間程が過ぎ 俺は再度呼び出され外階段の踊り場に行った
右手の主は「おぅっ」と照れくさそうに笑顔を浮かべていた

「お前 あの事黙っとってくれたんか」
「うん」

俺を殴ったことだ

「ありがとうな」

























ゴミ焼却場で飛んできた清水の一発で俺は鼻血を出し
保健室へ行くはめになったおかげで騒ぎは沈静化した
顔は多少腫れていたが部活の練習にも出た

俺は翌日も中ランを着て登校し 自ら生意気度の株を上昇させてしまう
また呼び出されるだろうと思うと 授業中も緊張はとれず
ずっと一人殺気立っていた

6時間目の授業を終えても その日は呼び出しがかからなかった
教室の外に待ち伏せもなく 何も起こらなくてホッとした
中ランのポケットに忍ばせてあった ナイフを使わずに済んだからだ

今度殴られるようなことがあったら刺す気でいた
多勢に一人で呼び出された恐怖心が 俺に凶器を持たせたのだった

しかし次の日もその次の日も一向にお呼びがかからない
なぜかからないのか?の答えを啓輔が教えてくれた

啓輔の話によると
中塚さんから貰った中ランを脱げと俺を殴ったとなると
中塚さんが黙ってはおらず 確実に殺されるとビビっているらしいとの事だった








清水の耳に 中塚伝説が届いたのだ










俺の胸ポケットから






              ナイフが消えた


















「お前 あの事黙っとってくれたんか」
「うん」

「ありがとうな」







そう 黙っていた相手とは先生ではない 中塚さんだった

先生は生徒にリンチはしない 
俺達一年が校内で恐れているのは上級生だった
中でも最も恐れる相手が中塚さんだったのだ

これをきっかけに俺と清水との間に友情が生まれる




髪を染めたり ボンタンを穿いたり 中ランを着たりすることで
一年生が次々と上級生に狩られていってる中

俺は 髪を茶に染め ボンタンを穿き 中ランを身に纏っていた
中塚さんのチカラが俺を守ってくれていた
守られてるのは俺だけではない
同じバレー部の2人も 目には見えない中塚さんの傘が守ってくれていた


中塚さん一人のチカラが 知らず知らずのうちに

俺達新入部員を見えないバリアーで防御してくれていた

バレー部というだけで 保護されていた

中でも俺の着ている中塚さんの中ランは

目に見える強大なバリアーの役割を果たしてくれていた

中塚さんのチカラに魅入られてしまった

あの人は 俺達にとっては 神様だった

俺達3人はバレー部に入ったことを心から喜んでいた

そして俺は 体も心も中塚さんに魅入られてしまっていったのだった












中塚さんの為なら 何でもする

中塚さんが喜ぶなら 何度もする 

















中塚さんに可愛がってもらえるなら





















俺  
























喜んで





















犬になる
































































































































【 03) 犬の習性 】 へ続く


FC2ブログランキング

別窓 | □ VOICE □ | コメント:6 | トラックバック:0
<<01) 覚醒の時 | 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ | 03) 犬の習性>>
この記事のコメント
見えないものへのあこがれ
お、初めてコメント一番乗りかな♪

中塚さんの学ラン、洗濯したくない気持ちはよくわかるね。
中塚さんのもっている「力」へのあこがれも。
ゲイとかなんとかいうよりも、はじめはそういう見えないものへのあこがれが扉を開くきっかけということかなあ…。
2007-02-02 Fri 13:55 | URL | 闇太郎 #tmBa20pk[ 内容変更]
制服のチカラ 後記
制服を譲り受けるという事がどういう事か?
卒業生に貰う第二ボタンを考えると
お解りいただけると思います。

当時の俺は そんな凄いことだとは思わなかったのですが
今考えると恵まれていたと思います。

新入部員は他に2人いたし二年生も7~8人いるのに
何故俺に制服をくれたのかは解りません
いい風に解釈しても俺が特別な存在だったとも思いません
可愛がってくれていたとしか説明できません

その一枚の制服がもたらす影響は絶大でした
卒業式の当日 釦を全てとられた学ランを
一番可愛がっていた部の後輩にあげました

俺が中塚さんに守られたように
その後輩を俺が守ったとは思えません(笑)
卒業してしまっているので影響はなかったでしょうが
継承はいいものです
そのことで互いに糸を感じれますからね

今回は制服がもたらしたチカラのひとコマを書きました

組織でも団体でも会社でもそうですが
同じ兵隊をやるならば
末端の兵隊も守れるチカラのある大将に仕えたいものです

学生のこういう慣習っていいものですね


G@TEN
 
2007-02-02 Fri 14:19 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
闇太郎さん
早っ 後記書いてUPしたら もうコメントあってビックリしました^^
絵画もお好きなんですね
興味ありますが 今は余裕がなくて
ブログの絵 拝見しました(今)

けだるい表情ですか 何とも言えませんね

G@TEN
2007-02-02 Fri 14:19 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
鼻血で…
勝手なイメージやけど
喧嘩強そうやったから 保健室行きは
意外やった… たしかに 不思議と
中学のときの先輩って 絶対でしたもんね
今の時代でも そうなんかな?
ボンタン 同級生 履いてた… 靴下は 赤で(笑)
ソリコミいれてたなぁ~ 坊主やった?
俺んたは 坊主やったからね 
2007-02-02 Fri 16:38 | URL | たく #-[ 内容変更]
触れてはいけないもの
知ってしまっても、
感じてしまっても、
見えてしまっても、
この世に「触れてはいけないもの」ってありそう。

大人編の話より、
もうホント繊細で、
そーーーっと、静かに見守ってます。

このニュアンスが、
G@TENさんに届きますように(祈)
2007-02-03 Sat 00:41 | URL | バシ #-[ 内容変更]
たく☆さん&バシさん
たく☆さん

ケンカするイメージや強いというイメージを
持ってくれてましたか?w

自分が強いと思ったことは一度もありません
今でもそうです
強がりは人一倍ですけどねw

これまでに殴ったこともありますが
殴られたこともあります
殴ったあとの後味を知ると 人を殴るのは気持ちいいものではなかったですね

どちらかというと諌める役回りです

たく☆さんは どうでしたか?
今度教えてくださいねw

G@TEN

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バシさん

うん 冷静に静かに しみじみ
届いてます 感じてます 解せてます

静かに ゆっくりと


G@TEN
2007-02-03 Sat 11:49 | URL | G@TEN #qNXjQhIg[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 新宿タワー~ゲイとノンケと時々オンナ~ |

ブログ内検索

。RSSフィード。   ...   ・・

アクセス数:
なかのひと